学術出版提案のガイドライン

旺麗言舎教學書院からの出版をご希望の方は、下記をガイドラインに従い「出版提案書」を弊社宛にお送りください。

書籍について

1. 原稿の概略

  •  著者(編者)氏名
  • 肩書・職位
  • 推定文字数
  • 表の数
  • 図の数
  • 論文集の場合は、収録編数
  • その他特記事項

2. 書籍の概要

評価過程および後の販売促進のためには、書籍の性質を把握しておくことが重要ですので、特に以下の点に留意して概要をまとめてください。

  • 書籍の種類(例: 研究論文、論説収録、参考文献、教科書)
  • 最大のセールスポイント。原点、内容、表現方法、方法論などの独自性を強調する。当該書籍執筆(編集)に当たっての動機や書籍執筆(編集)に関連する特筆すべき能力資格も参考になります。
  • 当該書籍に含まれている、新たな事実の発見、声明、学説、視点など。
  • 教科書の場合は、対象としている読者のレベル、既に教室で実験的に使用した場合にはどのように使われたかの詳細。著者自身が教科書として使用する予定があるか、また他にはどこで使用される見込みがあるか。
  • 博士論文を基にしている場合は、研究論文にするためにどのように書き換えたか。
  • 過去に出版した書籍の改訂版の場合は、既出版物との主たる相違点を箇条書きに明記してください。
  • 目次および内容の簡潔な説明
  • 目的とする読者層
  • 当該原稿に関連する、または競合しそうな出版物のリスト。著者(編者)名、出版年、タイトル、出版社、価格などを明記してください。

3. 査読候補者

原稿を客観的に読み、評価する能力資格を有する、同じ分野の専門家3人までを査読候補者として、氏名、住所、電話番号、Eメールアドレスを列記して ください。査読は、これらの候補者か、弊社推薦者のいずれかにお願いしますので、候補者には弊社からご連絡する場合としない場合があります。

著者・編者について

4. 著者(編者)

  • 氏名
  • 性別
  • 大学における職位
  • 所属大学名
  • 生年月日

5. 自宅情報

  • 住所および郵便番号
  • 電話番号およびFAX番号
  • Eメールアドレス(PC)

6. 大学情報

  • 所属大学名
  • 所属学部
  • 所在地および郵便番号
  • 電話番号およびFAX番号
  • Eメールアドレス(PC)

7. 希望連絡先

  • 自宅か大学のいずれか、希望する方を明示してください。

8. 研究業績

  • 研究業績書を添付
  • ご自身で著述または共著で、研究業績書に記載されていない過去の出版書籍、ジャーナル論文、プレゼンテーションなどは、別途箇条書き
  • 学究的関心のある分野を箇条書き

提出方法について

  • 出版提案書は、MSWord形式にて、弊社出版提案専用Eメールアドレス宛に、Eメールに添付してお送りください
  • ファイル名は、他の提案書と混同しないよう、ローマ字表記の氏名(フルネーム)にしてください(例:”masakoyamamoto.doc”)

出版助成金の活用について

出版助成金を利用して研究書・学術書の出版を目指す場合は、著者が私立大学に所属している場合には、所属大学にお問合せください。学術振興会の助成金他に関する情報は、別項でお知らせします。