社会科学関連

科学技術が飛躍的に発展し、科学技術の恩恵なしには成り立たない現代社会ですが、環境・エネルギー・医療福祉問題をはじめ、科学技術の影の部分も考えなけ ればならない状況であることは明らかです。しかしながら、一般社会においては、科学技術の工学的側面がもたらす光の部分、すなわち「便利さ」や「快適さ」 などが強調され、その本質をとらえることが難しくなっています。
生活に深く根付いた科学技術を、平易な表現で解説すると同時に、その技術が社会に与える、正と負の影響を明らかにし、社会として真に解決しなければならないこと、ものの本質を考えるヒントを出版を通じて示唆したいと旺麗言舎は考えています。
2011年3月11日の東京電力福島第一発電所の事故以来、私たちは原子力発電や放射線について敏感になりました。しかし、私たちは原子力や放射線につい て、正しい知識を持っているのでしょうか。命にかかわるこんなに大切なことを、専門家は、一般市民がわかるように説明してくれているのでしょうか。残念な がら「ノー」と言わざるをえません。旺麗言舎は、出版を通して、このようなことを、正しく、わかりやすく、みなさまに伝えることに寄与したいと考えていま す。